2017年1月14日土曜日

自分仕様の仕事道具は気持ちいい!

まだお正月ですか?
お正月が終わっていたとしても、、、近いので、、、
松竹梅の竹。

富田屋ではコーヒー豆の焙煎の前にコーヒー生豆のハンドピック、
焙煎後にコーヒー豆のハンドピックをしています。

ハンドピックとはコーヒー豆の不良豆、欠点豆の除去の事です。

黒豆:醗酵が進み、腐敗して黒ずんだ豆。異味、異臭の元。
カビ豆:カビの生えてしまった豆。(単体ではあまり見かけず、虫食い豆とのセットでよく見かけます)
虫食い豆:蛾の幼虫が食べた豆。豆の細い穴が開き、内側にカビが生えていることがある。

発育不良豆:表面にしわの入った緑色の未熟な豆。
死に豆:正常に結実しなかった豆。焙煎しても色がつきにくく、白っぽく焼きあがり、見分けやすい。
貝殻豆:貝殻みたいな形をした奇形の豆。薄いので焦げやすく、煎りムラの原因に。
コッコ:乾燥したコーヒーの実のついたままの状態。自然乾燥で、果肉が残ってしまったり、脱穀不足が原因。
この他にも石や枝葉、とうもろこしのタネ、小豆のような豆、ガラスなどたまに面白いものが入っています。
 
前置きが長くなりましたがこのハンドピック、料理で使うバット(写真奥の金属製)を使ってやっていました。
でも、嫌なことが2つあったのです。
1.冬、手が冷たくてバットを触るのが嫌になる。
2.コーヒー豆をバットに入れた時のカチカチジャラジャラという音がうるさい。 
 
冬は本当に冷たいのです。
触るたびにヒヤッとして、一瞬、嫌な気持ちになります。
 
そして、ジャラジャラというコーヒー豆が金属に当たる音。
職業病か、この音の高さを聞くと耳がかなり痛くなります。
お茶碗の当たる音、子どもの高い声、ピアノの高い音、締め太鼓の音。

でも、紙や木、竹のトレーに入れると耳は全く痛くなりません。
木で試したときもありましたが、すごく重くてだめでした。
紙だと強度が心もとないですし・・・。
やはり、昔、人気絶頂だった竹になりました。

偶然、とあるイベントで見つけた竹職人の中川さんに
「こういうのを作って欲しいんですが・・・」、
というと、興味を持っていただき、
「じゃあ作りましょう。 
もし、気に入らなければ作り直しますし」
といっていただきました。

すごく嬉しいです。
自分の思う大きさ、高さを何センチと伝えて、
使い道を伝えて、それを作っていただく!
なんとも贅沢と言うか、ずっと使いたいなぁと思います。
昔はそういう風に職人さんに依頼して作ってもらったり、
自分で道具を工夫して作っていたのかな?と想像しました。
今となっては珍しい竹細工の継承にも繋がります。

いざ、使ってみると
手にも耳にも優しいです。
冬は冷たくないし、音も全然うるさくないのです。
時折、竹職人さんのことも思い出したりします。

でも、竹のトレーで駄目な点がいくつかありました。
 
1.竹と竹の隙間からコーヒー生豆の粉(ホコリなど) が落ちて咳が出る。
2.ハンドピックが終わって別の竹かごに移すとき。
竹トレーの内側が出っ張っているので、コーヒー生豆が当たると
そこで弾いてたまにこぼれる豆がある。
 
でも、そんな不便は気になりません。
少しの工夫・手間で何とかなります。

1は自分で和紙を竹トレーに貼って解消されました。
 
2は丁寧に移し変えることで多少解消されました。
まだ弾いて落ちる事はありますが・・・。
次に竹トレーを作ってもらう時はそこを改良して作ってもらおうと思いました。

そして、なんと使っている和紙。
これもすごいのです。
薬師寺で和紙のお面を奉納されている明松政二さん作の和紙です。
この和紙で改良した竹トレーを使うたび、明松さんの笑顔が目に浮かびます。

富田屋のコーヒーが少しでも美味しくなっているとしたら
こういう温かな気落ちになることも多少影響していると思います^^
 
他にも作りたい道具は木製の漏斗、程よい大きさのコーヒー豆をすくうスコップ(出来れば木製)、漏斗を置く台(木製か竹製)などです。
 
珈琲の富田屋
http://tomitaya.cc
フェイスブック

2017年1月12日木曜日

さっそく2017年で一番おいしいかも知れないコーヒー登場。2017年1月の珈琲定期船3種類。

いきなり寒くなった今井町です。
今週末は雪かも知れないという噂で、
子どもが すでに喜んでいます。

さて、1月の珈琲定期船をご案内しますね。
(珈琲定期船は毎月お届けするシステムですが 1ヶ月でお辞めいただいても全く問題ございません!)

・ホワイトナイル(エチオピア)ナチュラル
・クマ(コロンビア)ウォッシュド
・チャカカ村(マラウイ)ウォッシュド
の三銘柄です。

●ホワイトナイル(エチオピア)ナチュラル
浅煎り。
大雑把なカテゴリでは「モカ」と呼ばれます。
早くも2017年で一番おいしいかも!と予感させてくれたコーヒーです。
同じモカでも、ナチュラルとウォッシュドでは印象が全然違います。
それぞれに良さがあります。
このホワイトナイルは生豆の時点でお酒の香りがするんです。
袋を開けた途端、嫁さんがコッチを振り向きましたから^^
焙煎すると、その香りは変わり、何かのジャムを思わせる香りに変身。
口当たりも滑らかで、香りと味わいに酔いしれます。
価格は730円(消費税込み・100gあたり)

●クマ(コロンビア)ウォッシュド
中深煎り。
カンクワモ先住民のラファエルさんたちが育てたコーヒー。
農薬を使わずに栽培しています。
なんと標高2000mの山の奥の農園で頑張っています。
彼含め、全てのカンクワモ先住民の人々は、
「コーヒー」を「自分たちの食べ物やフルーツ」と同じように考えています。
それらは、とても自然な方法で、生産しなければならないと考えているのです。
このコーヒーはデーツの甘い実に似た素晴らしいフレーバーと 長い後味を楽しませてくれます。
価格は680円(消費税込み・100gあたり)







●チャカカ村(マラウイ)ウォッシュド
中煎り。
フェアトレード。
こちらのコーヒーはオーガニック認証取得を目指しています。
ほのかにナッツのような独特の香り。
柑橘系の酸味をやんわり感じます。
ミルクチョコのようなクリーミーな甘さが余韻で残ります。
価格は680円(消費税込み・100gあたり)





 
新年も心躍るコーヒーに出会えて感謝です。

珈琲定期船は
◎100g×3銘柄コース(約30杯分)2040円(送料・消費税込み)
(通常価格ですと送料込みで2555円なので515円お得)
◎200g×3銘柄コース(約60杯分)3900円(送料・消費税込み)
(通常価格ですと送料込みで4395円なので495円お得)
の2コースございます。
富田屋のお客様の62.4%の方に 毎月ご利用いただいております(*^v^*)

珈琲の富田屋
http://tomitaya.cc
フェイスブック